親知らず 抜歯 麻痺 パート2

前回埋もれている歯を抜くリスクを、話しましたが、そのリスクを少しでも無くす方法があります。

 

(前回のお話はコチラ)

 

二回法というやり方です。

二回法は、二回に分けて埋もれてる歯を抜く方法です。

では、二回法の説明をします。

  1. まず1回目に歯の頭部を削り、頭の部分だけ抜歯します。すると、取った部分だけスペースが出来ます。
  2. 3〜6ヶ月待ちます。その間に出来たスペース分歯が、動きます。
  3. 残りの歯を抜きます。以上。

スペースを作って歯を動かす事により、下顎にある太い神経から歯を遠ざける事が出来ます。

遠ざければ、麻痺のリスクがかなり下がりますね。

どれだけ下がるかというと、愛知学院の歯科大学のデータでは、1/10位下がっています。これは、凄い事ですね。

仮に前が90%であれば9%に変わったという事です。

関連記事

  1. 八王子の歯医者(歯科医院)は295店舗!

  2. ガムを食べて唾液の分泌量を増やす

    口臭対策にはガムもおすすめ

  3. 最新 歯根 歯の根  治療

  4. 口内炎にも種類がある

  5. 夏にむし歯が増える理由とは

  6. 京王線の歯医者の選び方

    京王線の歯科(歯医者)の選び方