デンタルフロスの勧め

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

皆さんはデンタルフロスってご存知ですか?

もちろん知っているという方もいますが、毎日デンタルフロスを使っているという方は非常に少ないです。

そこで今回はデンタルフロスをおすすめする理由をご紹介して行きます。

1.歯ブラシだけではたったの3割しか磨けない!?

デンタルフロスとは、歯と歯の間の汚れを落とすための道具です。歯科専門用語では「歯間清掃補助器具」とも呼ばれています。

歯ブラシだけで歯の汚れを綺麗に落とせるイメージがありますが、実は、歯の汚れは歯と歯の間についていて、歯ブラシだけ完璧に磨けていても、たったの3割しか磨けていません。

そのため、歯磨きをきちんとしているのに虫歯になる方の多くは、歯と歯の間から虫歯になる方が多いです。

しかも歯と歯の間のため、虫歯ができているときは2本も虫歯になっているという方もいます。

歯ブラシだけでは残念ながら、歯と歯の間まで完璧に磨くのは難しいので、デンタルフロスをきちんと使って虫歯、歯周病予防をする必要があります。

2.デンタルフロスで歯と歯の間もスッキリ

デンタルフロスを使うことで、歯ブラシでは磨けない歯と歯の間の汚れも綺麗に落とすことができます。

よく歯と歯の間の汚れを使うのに、「糸ようじ」を使う方も多いかと思います。ですが、糸ようじだと奥の歯と歯の間の汚れをとるのに使いづらいというデメリットがあります。

デンタルフロスは糸なので、奥歯から前歯まで全ての歯と歯の間を綺麗に磨くことができます。歯周ポケットのプラークもデンタルフロスを使うことでかき出すことができるので、特に歯周病が気になるという人はデンタルフロスがおすすめです。

3.デンタルフロスの使い方

デンタルフロスは糸なので、両手を使って歯と歯の間を綺麗にします。

両手の人差し指に巻きつけて歯と歯の間に通して、歯にデンタルフロスを当てて、歯を磨きながら通して行きます。

デンタルフロスはそのまま上に引き上げます。もしくは片方の巻きつけてあるデンタルフロスを外して、巻きつけてある方で引っ張ることで、デンタルフロスが歯と歯の間から出すことができます。

デンタルフロスは、歯磨きをしたあとに全ての歯の間を通しましょう。

最初は特に上の奥歯が使いづらいです。使い方がわからない場合は歯科医院でデンタルフロスの使い方を教えてもらうのがおすすめです。

歯磨きを毎日しているけど、デンタルフロスを毎日使っているという人は実は少ないです。ぜひ毎日使って虫歯や歯周病を予防しましょう。

関連記事

  1. 舌磨きは虫歯・歯周病予防にも有効

  2. 歯を強くするための生活習慣

  3. 虫歯になりづらいおやつとは

  4. 唇(くちびる)にしこり 原因・治療法とは

  5. 生活習慣や食事改善で歯は再生できる