保険の入れ歯とノンスクラブデンチャーの違い

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

入れ歯を入れるときに、保険の入れ歯にしますか、それとも自費のノンクラスプデンチャーにしますか、と聞かれることがあります。そんな保険の入れ歯とノンクラスプデンチャーは何がどう違うのでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを詳しくご紹介していきます。

1.保険の入れ歯とは?

保険の入れ歯は、部分入れ歯の場合、必ず金属の金具で残っている歯に引っ掛ける必要があります。そのため、前歯に金具がでてしまうと、見えてしまうので、おしゃべりするときに恥ずかしいと感じる方が多いです。

保険の入れ歯では見た目ではデメリットを感じてしまいますが、機能面でみるとメリットも多いです。

保険の入れ歯はまず費用面で自費の入れ歯よりも安いというメリットがあります。またプラスチック材料を使用しているので、顎の骨が痩せてしまって入れ歯が合わなくなってしまったときでも修理がしやすいというメリットがあります。

費用面や歯茎が痩せてしまいやすい方は保険の入れ歯の方が見た目以外ではメリットが大きいです。

2.ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーとは、保険の部分入れ歯で必ず使う金具がない自費の入れ歯のことです。金具がないので、見た目では保険の入れ歯よりも高いことが大きなメリットです。

ただし、ノンクラスプデンチャーは全ての方に適応できるわけではありません。

失ってしまった歯の本数が多くなればなるほど、金具がないために安定が悪くなってしまいます。したがって、歯科医院によっても適応範囲がそれぞれではありますが、歯が3本以上なくなっているとノンクラスプデンチャーをしたくてもできないケースもあります。

また、ノンクラスプデンチャーに使用されるプラスチック材料は特殊なため、修理ができず、一度歯茎が痩せて合わなくなってしまうと修理ができません。

見た目では保険の入れ歯よりもいいノンクラスプデンチャーですが、費用面ではデメリットを感じる方も多いかもしれません。

保険の入れ歯と見た目のいい自費のノンクラスプデンチャーがありますが、患者さんの歯を失ってしまった状況によって適応できるかどうかは違ってきます。

見た目のいいノンクラスプデンチャーを希望する場合は、歯科医院で相談し、自分が適応かどうかを確認しておきましょう。

特に前歯の見える部分に金具がくるのが、恥ずかしいと感じるのであれば、それ以上、歯を失わないためにも早く歯科医院で相談しましょう。

関連記事

  1. 入れ歯に違和感がある方へ

  2. 八王子の入れ歯治療

    30歳代で入れ歯

  3. 入れ歯だから歯磨きしなくていい、は真っ赤な嘘

  4. 介護者の入れ歯管理で知っておきたいこと

  5. 入れ歯

    入れ歯で噛めるために、唾液と入れ歯の関係