銀歯が外れた時は黄色信号 虫歯再発かも

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

食事をしていて、ガリって音したら銀歯が外れていた、と急患でいらっしゃる患者さんも多いです。

ですが、銀歯が外れたときは、黄色信号!虫歯が再発しているかもしれません。

どうして虫歯が再発してしまっているかもしれないのか、詳しくご紹介します。

銀歯が外れる原因は主に2つです

1つには、銀歯をくっつけている接着剤が溶けてしまって外れてしまったケース。

そしてもう1つの原因は、虫歯が再発して取れてしまったケースです。

銀歯をくっつけている接着剤であるセメントは長年、口の中になるとゆっくりですが、溶けていきます。この場合は、銀歯が変形していなければ、再び、セメントで装着することができます。

そして、虫歯が再発してしまったケースの場合は、銀歯は再利用するのは難しく、新たに作り直す必要があります。

どうして、銀歯をして治療をしたのに、虫歯が再発してしまうのでしょうか

まず、どんなに腕のいい歯科医師が作った銀歯でぴったりでも絶対に、接着剤を使ってくっつける必要があります。

マイクロという世界ではありますが、小さな隙間が必ずできます

この隙間をセメントという接着材で埋めますが、お口の中は常に唾液によって潤っています。そのため、徐々にセメントの成分が溶け出してしまいます。

それでも、取れないように銀歯をはめ込んでいるので、なかなか銀歯は取れません。

ですが、その小さな隙間は、簡単に虫歯菌が侵入し、歯を溶かしていくことができます。

しかも、健康な歯が虫歯になるよりも、銀歯の下で虫歯菌が感染して増殖して穴を開けているので、表面上は見えません。そのため痛みが出たときには、歯の神経にまで虫歯菌が感染してしまっていることも多いです。

また、銀歯は健康な歯の表面と比較して、プラークという歯の汚れから生じる細菌の塊が非常に付着しやすいです。銀歯の治療をしたら、健康な歯以上に、しっかりと歯磨きをする必要があります。

こういった理由から銀歯は虫歯再発リスクが健康な歯よりも高く、外れてしまった時には、大きな穴が開いていたということも決して珍しくありません。

そうならないためにも日頃の歯磨きや、歯の定期検診がとても重要です。

銀歯が外れてしまって虫歯が再発していた場合であれば、虫歯部分を削り、再度、銀歯、もしくは白い詰め物、虫歯が大きい場合には、被せ物の治療を行います。

根っこまで虫歯が感染している場合は、さらに根っこの治療が必要となり回数がかかります。

銀歯がもし外れてしまったら虫歯の可能性も大いにあるので早めに歯科医院を受診してくださいね。

関連記事

  1. 歯のセルフケアのおすすめ

  2. 歯に大きな穴が開いている方へ

  3. 母乳と虫歯の関係

    母乳と虫歯の関係

  4. 口移しは子供の虫歯菌・歯周病菌移し

  5. むし歯治療で大切なのは基礎工事

  6. むし歯の都市伝説 絶対にやらないでほしい民間療法