入れ歯に違和感がある方へ

みなさんこんにちは京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

入れ歯に違和感がある方へ

入れ歯はとても大きなプラスチックや金属でできた異物を口の中にいれているので、違和感をゼロにするのはとても難しい治療になります。

どんなにピッタリの入れ歯を作っても、自分の歯で食べるときと比較すると、60%しか噛めないということがわかっています。

入れ歯に慣れてある程度、噛めるようになったけど、やはり普段の取り外しが面倒、見た目が気になる、という方にぜひともおすすめしたい治療があります。

それがインプラントです。

そんな入れ歯の変えどき、インプラント治療のメリットをご紹介します。

いればの変えとき、インプラントの勧め

インプラントは、天然の歯とほぼ同じように噛めるという特徴があります。

これは、人工歯根と呼ばれるチタンなどでできたインプラントを直接、顎の骨に打ち込むので、天然の歯とほぼ同じように噛むことができます。

しかも、入れ歯で部分入れ歯の場合、自分の残っている歯にクラスプと呼ばれる針金をひっかけて支えます。そのため、残っている歯には、噛むたびに力がかかってしまい、歯に大きな負担がかかります。歯の寿命は残念ながら短くなってしまいます。

一方、インプラントは人工歯根で直接、顎の骨とくっついているので、他の自分の歯とくっつけないので、入れ歯に比べて、自分の歯を縮めてしまうこともありません。

インプラント治療のかなめは、顎の骨といかに人工歯根であるインプラントがくっつくかにあります。

インプラント ドイツのスプライン

京王八王子駅前歯科ではドイツのスプラインというインプラントを使用しています。

スプラインは、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトという結晶がコーティングされています。そのため、チタンむきだしのインプラントと比較して、しっかりと顎の骨に結合することが可能です。

インプラント治療はさまざまな歯科医院で行われていますが、噛めるようになるためにも、顎の骨にしっかりとくっつくインプラント材料を使っているかを見極める必要があります。

とても安くでインプラントをしている歯科医院もあるようですが、インプラント治療が終わったあとに、何年、そのインプラントが噛めるか、しっかりと材料にまでこだわっているのか、きちんと歯科医院の説明を受けるようにしましょう。

京王八王子駅前歯科では、インプラントの材料にまでこだわっています。

いればが噛めない、見た目が悪い、慣れない、そんなときは入れ歯のかえどきです。

お気軽に京王八王子駅前歯科までご相談ください。

関連記事

  1. 介護者の入れ歯管理で知っておきたいこと

  2. 八王子の入れ歯治療

    30歳代で入れ歯

  3. 保険の入れ歯とノンスクラブデンチャーの違い

  4. 入れ歯

    入れ歯で噛めるために、唾液と入れ歯の関係

  5. 入れ歯だから歯磨きしなくていい、は真っ赤な嘘