引っ越しの際にかかりつけの歯医者にお願いできる事

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

急な転勤や新居の引っ越しの関係で今まで通っていて歯医者さんに通えなくなってしまうことがあります。

そこで、引っ越し先でも歯医者さん探しや治療の継続に困らないように、引っ越しの際にかかりつけの歯医者にお願いできることをご紹介していきます。

引っ越し前に通っている歯医者さんにお願いすること

引っ越し先で急に今まで通っていた歯医者さんに通えなくなってしまった場合、まず。今のかかりつけの歯医者さんに早めに、〇〇までに引っ越してしまう、ということを伝えましょう。

被せ物の治療などは余裕を持って伝えておくことで、引っ越しまでの期間に治療を終えることができます。

そして何よりも注意してほしいのは、治療が中断してしまうことです。

治療が中断してしまうと、例えば、根っこの治療の場合ですと、治療途中で仮の封がとれてしまったりすると、また痛みなどの炎症症状が再燃してしまいます。

せっかく治療にかよっていたのに、治療を中断してしまうことで、また痛みがでてしまうのは絶対に避けたいですよね。

引っ越し先の歯医者さんを事前に確認する

引っ越しが急遽決まってしまった場合は、すぐに引っ越し先の歯科医院で治療が再スタートできるように、今のかかりつけの歯医者さんで行っている治療の詳細を記載した紹介状を書いてもらうようにしましょう。

どうしても紹介状なしでいきなり引っ越し先の歯科医院に行くと、どこまで治療が進んでいるのか、歯医者さんもとまどってしまいます。

ですから、どうしても引っ越しまでに、治療が終わらない場合は、かかりつけの歯医者さんに、紹介状を書いてもらうようにしましょう。

そして引っ越しの際にかかりつけの歯医者さんにお願いできることがもう一つあります。

それは引っ越し先に、かかりつけの歯医者さんがおすすめする歯科医院がないかどうかです。同じ県内であれば、歯科医師会のつながりや、学会などのつ
ながりで、この先生はしっかりと勉強している!といった歯医者がおすすめする歯医者を紹介してもらえます。

県外でも知り合いの歯医者さんがいる場合もありますので、気軽に聞いてみてください。

引っ越し先でまた一から歯医者さんを探すのはとても大変ですし、ネットだけの情報ではなかなか当てにならないことも多いです。かといって引っ越し先にはまだ知り合いの人もいなかったりするので、知り合いの人の口コミも聞けません。

ですので、引っ越してしまうときは引っ越し先に今のかかりつけの歯医者さんのおすすめの歯医者さんがいないかを聞いてみてくださいね。

関連記事

  1. 歯医者のスタンダードプリコーションとは

  2. 金属アレルギーの方が歯医者で気をつけるべきこと

  3. 京王線の歯医者の選び方

    京王線の歯科(歯医者)の選び方

  4. 歯科医院を選ぶポイント(歯科医師の本音)