口移しは子供の虫歯菌・歯周病菌移し

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

お子さんが生まれて、まだ歯がしっかりと生えそろっていないと、かわいさもあって、どうしても口移しをしたくなってしまいますよね。

でも口移しは「子供の虫歯菌・歯周病菌移し」になってしまっています。

せっかく生まれたばかりのときは無菌状態のお口の中も口移しをしてしまった途端、お母さんやお父さん、お世話をしてくれるおばあちゃんやおじいちゃんの虫歯菌や歯周病菌が感染してしまいます。そんな口移しの怖さについてご紹介していきます。

子供への口移しは危険

口移しはしていないというお母さんも多いかもしれませんが、虫歯菌や歯周病というのは、口移し以外にも感染経路はたくさんあります。

例えば、お母さんが食べていた食事を横でみていたおこさんが欲しくなって「あーん」とお口をあけていたら、ついついあげてしまいますよね。

このお母さんが口にしたスプーンから虫歯菌や歯周病菌は感染していきます。

また、歯ブラシなどもお父さんが使っていた歯ブラシを面白がって子供が口にいれてしまうと、お父さんの虫歯菌や歯周病菌が感染していきます。

ですので、口移し以外にも自分たちが使っている食器や歯ブラシなど口をつけるものはしっかりと分ける必要があります。

親子で虫歯や歯周病を予防しましょう

そしてもうひとつ、大切なことがあります。それは親子むし歯や歯周病を予防することです。

来院されるお子さんを診察していると、むし歯の多いお子さんはやはり、一緒に連れてこられる保護者の方も銀歯治療の経験があったり、むし歯の治療を放置してしまっていることが多いです。

一方、むし歯もなくきれいな歯のお子さんは保護者の方もきれいなお口で、むし歯もしっかりと治療されていて、予防のために歯医者さんに通われています。

どれだけ口移しをしないようにしても、絶対に親から子供に感染させないようにするのはかなり難しいです。

だからこそ、感染源となってしまう、お父さんやお母さんのお口の中をきれいにしてむし歯菌や歯周病菌を減らしてあげることが重要です。

お子さんはしっかりと、予防のために歯医者さんに通わせているけど、自分の歯のことはついつい放置してしまっているというお母さんも多いです。

せっかくお子さんと一緒に、歯科医院に来院されるのであれば、お母さんやお父さん、家族みんなで、むし歯、歯周病を予防しましょう。

口移しは子供の虫歯菌や歯周病移しになります。口移しはもちろん、家族みんなで、予防にも力をいれて、お子さんの歯が一生健康であるように努めましょう。

関連記事

  1. 銀歯詰め物

    歯の詰め物が取れてしまったら

  2. 子供の口内炎に気付いたら

  3. 夏にむし歯が増える理由とは

  4. 虫歯になりやすい人・なりにくい人

  5. むし歯の都市伝説 絶対にやらないでほしい民間療法

  6. 欠けた歯は保管すべき?くっつくの?