お知らせ・ブログ

こんにちは。歯科医師の酒井です。

妊活をして、しっかりと元気な赤ちゃんを産むために健康に気を使ってたばこやお酒をやめたという妊婦さんも多いかと思います。

とても素晴らしいことですし、元気な赤ちゃんを産むためには欠かせないことです。

ですが、妊婦さんにあまり知られていない事実があります。

それは「妊娠期間中のお口のケアの重要性」です。

実はタバコよりも妊娠期間中の歯周病は早産のリスクを7倍に高めます。

そんなぜひ妊娠期間中のプレママはもちろん、そのご家族にも知ってほしい、マイナスゼロ歳からのお口のケアについてご紹介していきます。

妊娠期間中のお口のケア

妊娠期間中は妊娠を維持するために女性ホルモンが著しく増加します。歯周病菌の中にはこの女性ホルモンを好んで増加する細菌がいます。

妊娠するまではそこまでお口のトラブルなんて経験したことがなかったという方が、妊娠した途端、口が臭くなった、歯茎から出血するようになったという風に歯周病が悪化してしまいます。

妊娠による変化として仕方がないというふうに考える方もいるかもしれませんが、妊娠期間中の歯周病はしっかりと予防することができます。予防をしっかりと行うことで、早産のリスクを下げることができます。

妊娠期間中は、しっかりと歯周病を予防しましょう。歯周病でまず大切なことは歯磨きです。

歯磨きといってもどうしても今まではむし歯予防しか意識していなかったと思うので、硬い歯ブラシを使っていたという女性もいるかと思います。妊娠期間中は歯周病のリスクがググっと上昇しますので、普通の硬さの毛先がしっかりと歯と歯茎に入りこむ歯ブラシを使うようにしましょう。

また妊娠中はつわりがひどくて、全然、歯磨きができないという方もいます。その結果、つわりのときに歯周病がいっきに悪化してしまう方もいます。

安定期に入ったら歯科検診を受けましょう

つわりがおちついて、安定期に入ったら、まずは歯医者さんで歯科検診を受けましょう。

歯科検診を受けて歯周病である場合には、しっかりとプロフェッショナルケアを受けましょう。むし歯があると診断された場合は、むし歯の状態にもよりますが、基本的には治療することができます。歯を抜く必要がある場合には、時期によっては出産後に見送ることもあります。いずれにせよ、しっかりと安定期でつわりがないのであれば歯科検診を受けるようにしましょう。

そして妊娠を望むすべての女性は元気な赤ちゃんを産むためにも、日ごろからしっかりと歯周病予防を心がけましょう。

コメントは利用できません。