お知らせ・ブログ

こんにちは。京王八王子駅前歯科です。

今日は、妊娠中に歯が悪くなった方に向けたお話です。

「妊娠すると虫歯になりやすい」こんなお話聞いたことないでしょうか。

これは本当の話なので、是非参考にしてみてください。

妊婦が虫歯になりやすい理由

妊婦の虫歯

妊婦さんが虫歯になりやすい理由は大きく分けて3つあります。

①ホルモンバランスの変化によって唾液の性質が変わる

妊娠中は唾液の性質や量が変わることが指摘されています。
ホルモンバランスの変化は、女性ホルモンを栄養とする虫歯菌を増殖させてしまうだけでなく、唾液の性質が変化して粘り気が出るため、細菌が活動しやすくしてしまいます。

また、妊娠中は唾液の量が減ることで、口の中がアルカリ性から酸性になりやすく、虫歯になりやすいのです。

②食事が不規則になり、間食が増える

食事をすると口の中はアルカリ性から酸性に変化していきます。

それを唾液がまたアルカリ性へ戻してくれるのですが、間食が増えると酸性状態が続いてしまい虫歯ができやすくなるのです。

④つわりで歯磨きが十分にできない

つわり時期になると、歯磨き粉のにおいがだめで歯磨きを怠ってしまい、虫歯ができやすくなってしまいます。

妊娠中に虫歯の治療はできるのか

妊娠中に歯科治療

妊娠中だと麻酔や投薬は避けなければいけないから・・・

と虫歯治療を怠る妊婦さんが意外と多いです。

しかし、妊娠中のむし歯は軽視できません。

痛みを我慢していると、そのストレスは、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがあるからです。

妊娠中でも、歯科治療は受けられますが、注意が必要です。
妊娠の安定期となる4カ月~7カ月までは、応急処置だけにとどめておいて、
安定期に入ってから通常の治療を行うことをお勧めしています。

抜歯などでは麻酔を使用しますが、局所麻酔かつ少量なので、赤ちゃんへの影響は心配ありません。

処方する痛み止めについても、妊婦さんであることを事前にお伝えくだされば、影響のない薬をお出しします。

レントゲン撮影も、口の部分のみに照射し、お腹周りにはカバーをかけたりしますので、心配しないでくださいね。

妊娠中の歯科治療をお勧めします

妊娠中の虫歯の治療風景

産後は授乳や育児で忙しくなり、なかなか治療に通うことが難しくなるので、出産前に治療をすませておくことをお勧めします。

気になることがあれば、お気軽にお問合せ下さい。

妊娠中・授乳で歯がボロボロになるのは迷信

妊娠中は歯がボロボロ

最後に「妊娠するとカルシウムが不足して歯がボロボロになる」お話をよく聞きますが、これは迷信です。

妊娠してカルシウムが不足した時、歯ではなく他の骨にカルシウムは先行して使われます。

「授乳で子供に栄養を取られて歯がボロボロになる」のも迷信です。

授乳をすることで歯の栄養分まで取られるということはありません。

どちらも原因は、生活習慣の変化によるものが原因です。

育児に追われ、自分の歯を丁寧に磨く時間が割けなかったり、歯石がついているとわかっていても、歯医者に通う時間を優先できなかったなどの理由から、症状が進んでしまったのでしょう。

京王八王子駅前歯科では、妊娠中・お子様連れの方が安心して治療を受けて頂けるように個室を準備しています。

先ずはお気軽にお問合せ、ご来院ください。

コメントは利用できません。