自費治療と保険治療の違いについて

保険診療と自費診療では、使用する材料が違います。

保険の範囲内で治療すると被せ物や詰め物で使用するのは、銀やプラスチックですが、自費診療ですと、セラミックや金などを使用します。 特にセラミックはとても美しい仕上がりで年数が経っても色が変わらないのが特徴です。

一方、銀や、プラスチックは年数が経つと変色してしまい、特に銀などは金属アレルギーの心配もあります。

一般的に審美歯科治療は自費診療となります。

一般の治療では、患者様のご希望に沿いながら治療を進めていきたいと考えていますので、遠慮なくお気軽にご希望の治療をお話しください。

関連記事

  1. 虫歯は完全には無くならない?

  2. 歯医者で診察を受ける子供とお母さん

    一般歯科と小児歯科の違いは?

  3. 家族で同じ歯医者に通おう

    家族全員が同じ歯医者に通う意味

  4. すきっ歯

    すきっ歯の治療最前線

  5. 八王子のPMTC(歯のクリーニング)

    歯のクリーニングがしたい方必見!PMTCの費用と内容について…

  6. エナメル質とは?修復可能?