自費治療と保険治療の違いについて

保険診療と自費診療では、使用する材料が違います。

保険の範囲内で治療すると被せ物や詰め物で使用するのは、銀やプラスチックですが、自費診療ですと、セラミックや金などを使用します。 特にセラミックはとても美しい仕上がりで年数が経っても色が変わらないのが特徴です。

一方、銀や、プラスチックは年数が経つと変色してしまい、特に銀などは金属アレルギーの心配もあります。

一般的に審美歯科治療は自費診療となります。

一般の治療では、患者様のご希望に沿いながら治療を進めていきたいと考えていますので、遠慮なくお気軽にご希望の治療をお話しください。

関連記事

  1. 歯石除去にかかる費用と種類について

  2. 親しらず抜歯・神経麻酔

    親知らず  抜歯  麻痺

  3. 親しらずは一般歯科・口腔外科?どこで抜くべきか

  4. プラークコントロールって何?

  5. 入れ歯

    入れ歯で噛めるために、唾液と入れ歯の関係

  6. fukubikuu

    虫歯で蓄膿症になる!?