自費治療と保険治療の違いについて

保険診療と自費診療では、使用する材料が違います。

保険の範囲内で治療すると被せ物や詰め物で使用するのは、銀やプラスチックですが、自費診療ですと、セラミックや金などを使用します。 特にセラミックはとても美しい仕上がりで年数が経っても色が変わらないのが特徴です。

一方、銀や、プラスチックは年数が経つと変色してしまい、特に銀などは金属アレルギーの心配もあります。

一般的に審美歯科治療は自費診療となります。

一般の治療では、患者様のご希望に沿いながら治療を進めていきたいと考えていますので、遠慮なくお気軽にご希望の治療をお話しください。

関連記事

  1. 口臭が気になる女性

    女子必見!生理中は口が臭くなる理由と対策

  2. すきっ歯

    すきっ歯の治療最前線

  3. 歯並びが悪くなる習慣

  4. fukubikuu

    虫歯で蓄膿症になる!?

  5. 妊娠中は虫歯になりやすい

    妊婦は虫歯になりやすい

  6. 歯医者で診察を受ける子供とお母さん

    一般歯科と小児歯科の違いは?