虫歯はウイルスとは違うの?

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

インフルエンザやノロウィルスなど、流行性の病気の多くがウィルスによって引き起こされています。

では虫歯もウィルスなのでしょうか。そこで虫歯はウィルスとは違うのか、どうすれば予防できるのかについてご紹介していきます。

1.虫歯はウィルスではない

虫歯はインフルエンザやノロウィルスなどの感染症ではありません。

虫歯はミュータンス菌という細菌によって引き起こされる病気です。

ですが、一般的な細菌感染症とは違います。

多くに細菌感染症は体内で細菌が増殖しているので、抗菌薬という細菌を殺す薬が効果を発揮します。

しかし、虫歯の場合、初期では歯の表面に存在しています。

体の内部に虫歯菌が存在するわけではないので、抗菌薬が虫歯の初期では効果を発揮しません。

ただし、虫歯を放置し、どんどん虫歯が悪化していくと、歯の根っこの先に膿が溜まっていきます。

虫歯が重症化したケースでは顎の骨の中に細菌が大量に増殖しているので抗菌薬が処方されます。

2.虫歯は感染症?

虫歯は細菌感染症です。ですが、虫歯菌は虫歯のない人の口の中でも存在します。

虫歯は、歯磨きをしないと歯の表面に汚れが付着していきます。

虫歯菌であるミュータンス菌は糖分をエサにして酸を産生し、歯を溶かしていきます。

逆に綺麗なお口の状態であれば、エサがないので、歯を溶かすことがありません。

虫歯は感染症ではありますが、お口の環境を清潔に保つことで予防できる感染症なのです。

多くの感染症が手洗い、うがいしか予防法がない中、虫歯は自分の毎日の歯磨きや歯の定期検診で予防できる唯一の感染症とも言えるのです。

3.虫歯を予防するために大切なこと

虫歯はミュータンス菌という細菌によって引き起こされます。

ウィルスではないですが、虫歯の初期では抗菌薬も意味がありません。

ですが、毎日の歯磨きと定期的な歯科検診で予防ができます。人は誰でも虫歯菌を持っています。

ゼロにすることはできないので、歯磨きをしないと誰でも虫歯菌が口の中で増殖して虫歯を発生させてしまいます。

虫歯菌が体質的に多くお口の中で存在していても、しっかりと毎日のセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けていれば、虫歯の発生を抑えることができます。

毎日の歯磨きだけでなく、歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けることで、より細部までのケアで虫歯の発生率を低下されることができます。

虫歯はウィルスではなく、細菌感染症です。ですが、確実に予防できる病気です。

ぜひ、虫歯にならないために毎日の歯磨きと定期的な歯科検診を受けましょう。

関連記事

  1. 母乳と虫歯の関係

    母乳と虫歯の関係

  2. あなたの虫歯、食事習慣が原因かも?

  3. 痛みがでないむし歯こそ危険信号

  4. 歯がズキズキする。考えられる原因と治療法

  5. 虫歯が引き起こす他の病気。死亡もある。

  6. 銀歯詰め物

    歯の詰め物が取れてしまったら