欠けた歯は保管すべき?くっつくの?

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

突然ですが、歯が欠けて銀歯が取れてしまいました。

どうしますか?と質問されるとうーん、、、と悩まれる人も多いのではないでしょうか。

そんな時、欠けた歯は保管すべきなのか、くっつくのか、歯が欠けたときにやって置くべきことをご紹介します。

歯が欠けてしまったり、銀歯が取れてしまったらどうする?

欠けてしまった歯は、保管した方がいいのかこの答えはYesです

というのも、欠けてしまった歯がくっつくかどうかは、診察するまではわからないのです。

銀歯は歯にかぶせてありますが、くっつけている材料は徐々に、劣化していきます。

そのため、何かの表紙にくっつく力が弱くなっていると、取れてしまうことがあります。

こういったケースの場合では、銀歯がそのまま、くっつけることができることもあります

ただし、外れてしまった後に銀歯が著しく変形してしまった場合は、再度、くっつけるのが難しくなります。銀歯が取れて、その後に歯が欠けてしまった場合も、再度、くっつけるのが難しくなります。

また、治療した歯がまた虫歯になってしまったときには、銀歯や詰め物と歯の境目のところから虫歯になりやすく、その場合は、銀歯はくっつけることはできません。

まず、歯が欠けてしまった場合、くっつくのかどうが、判断は難しいので、まずは保管しておきましょう。

欠けてしまった歯は、非常に脆いので、また欠けてしまったりします

なるべく、取れてしまってからは、飲食はできれば、治療するまでは控えてください。

ただ、歯医者さんに行くまでに時間が取れない、期間が長くかかってしまう場合は、硬い食べ物やガムなどの粘着性のある食べ物は控えるようにしてください。

くっつくはずだったケースでも、時間経過とともに、歯が動くので、全く入らずに、銀歯の再治療が必要になってきます。

歯が欠けたらすぐに歯科医院へ

歯の動く量は人によってまちまちですが、1週間以上も期間が空いてしまうと、ほとんど入らなくなってしまうので、銀歯などが取れた、欠けた場合はできるだけ早く、治療を受けましょう。

すぐに行けば、取れてしまった銀歯はつけることができます。

ただし、歯が欠けてしまった場合は、再度、銀歯、もしくは保険診療であれば、コンポジットレジンという治療をし直す必要が出てきます。

特に歯の神経を取ってしまうと歯はもろくなって、欠けやすくなります

そうならないためにも、まずは虫歯にならないようにすること、そして虫歯になってしまって治療をした歯は、虫歯リスクが治療していない歯よりも高いことを自覚し、定期的な検診を受けて、再度、虫歯になって欠けてしまうことを予防しましょう。

関連記事

  1. むし歯の都市伝説 絶対にやらないでほしい民間療法

  2. 銀歯が外れた時は黄色信号 虫歯再発かも

  3. 虫歯になりづらいおやつとは

  4. プラークコントロールって何?

  5. 銀歯詰め物

    歯の詰め物が取れてしまったら

  6. 歯が黒い。原因・予防・治療方法とは