お知らせ・ブログ

歯科医師の酒井です。

近年、街中でも歯列矯正をしている方をよく見かけるようになりました。

それだけ歯並びを気にする方が多くなったということで、歯科医としては嬉しく思います。

しかし、大人になってからの歯列矯正はハードルが高く感じ、尻込みしてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。今回はそんな、歯列矯正を悩んでらっしゃる方たちの参考になればと思います。

成人の歯列矯正では遅い…?!

大人になってから歯列委矯正を始めるのでは遅いと思っている方も多いです。

確かに、子供の頃に比べ歯を動かすのに時間も費用もかかります。人に会う機会も多いので、見た目が気になるという方も多い事でしょう。

しかし、大人だからといって歯列矯正をするのに遅いということはありません。

40代以降の方で歯列矯正を始められる方もいらっしゃいます。

歯は管理さえしっかりしていれば70代、80代と保つことが可能です。

平均寿命が延びている現代で、ご自分の歯でしっかりと噛み食事をするというのは健康面でも重要なことです。

また、噛み合わせも重要で、噛み合わせが悪いことで顔がゆがみ肩こりや姿勢にも影響してきます。

長い人生です。

今後の数十年付き合っていく「歯」の並びをなおすのに、遅いという事はないのです。

成人してから歯列矯正をするメリット

子供の時に矯正をするよりも費用や時間、ストレスなどが大きいことで矯正を迷っている方も多いでしょう。しかし、それらのデメリットを差し引いても、歯列矯正をおすすめするのには理由があります。

・噛み合わせが悪いことにより起きていた不調の改善

歯列矯正の際には、歯の噛み合わせもしっかりと見ながら治療を行っていきます。

歯列矯正の結果、噛み合わせが悪いことにより発生していた不調が改善します。

(例:顔のゆがみ、肩こり、体のゆがみ、口臭 など)

・歯ブラシやその他フロスなど、口内の管理がしやすくなる

歯並びが悪いと、歯の重なりや凸凹が多く、歯ブラシなどで管理するのが難しいです。

そのため、虫歯や口臭、歯周病の発生も多く、結果的に歯の寿命が短くなるケースが多いです。

歯列矯正をすることで、ご自分での管理もしやすくなるので歯をキレイに保ちやすくなります。

・横顔の印象がすっきり

歯並びが悪く、また特に前歯や八重歯が前に出ているタイプの方は、横からお顔を見た時に口元が前方向にでているように見えます。

そのため、鼻と口元との高さの差があまりなくなり、横顔がきれいには見えません。

このような方は、歯列矯正をすることで劇的にお顔の印象が変わる方が多いです。

・表情が明るくなる

歯並びをコンプレックスに感じている方は、矯正後は表情がとてもあかるくなります。

矯正前には歯が見えないよう、口を開けなかった方が自信をもって口を開け笑うようになることでとても印象が変わります。

上記は代表的なメリットではありますが、歯列矯正後の方によく聞くお話しでもあります。

たしかに、成人してからの矯正はハードルが高く感じるかもしれません。しかし、「歯」は今後の人生で長く共に過ごしていくものでもあります。

最近では、矯正の仕方の選択肢も増え、それぞれの要望と生活スタイルに合ったものを歯科医と相談できるかと思います。

迷っている方は、ぜひ一歩踏み出して専門医への相談から始めてみてはいかがでしょうか。

コメントは利用できません。