お知らせ・ブログ

親知らずは、生えていないのに、突然、強い痛みを起こすことがあります。

もちろん、早く歯医者さんにいって、親知らずを抜いたりといった治療を受けるべきですが、仕事や真夜中ですぐに歯医者さんにかかれないこともやはりあります。

そこで、どうしても歯医者さんに行けないときに、親知らずの痛みをなんとかしたいときに知っておくべき、親知らずの痛みを軽減する、使える応急処置についてご紹介していきます。

すぐにやってほしい応急処置、それは、解熱鎮痛剤の服用です。

解熱鎮痛剤は、親知らずの痛みを軽減してくれるだけでなく、炎症を抑えてくれる効果もあります。

最近では薬局でも販売可能になった「ロキソプロフェンナトリウム」、ロキソニンが特に、歯痛には有効です。

様々な痛み止めが薬局では販売されていますが、歯痛によく効く痛み止めはロキソニンになります。

他にも痛み止めで有名なイブやバファリンなどがあります。

ですが、ロキソニンは痛み止めの中でも、エヌセイズと呼ばれる種類の解熱鎮痛剤で、強力に痛みを抑えてくれます。

ただし、今までエヌセイズにアレルギーがでた経験がある方、小児は服用できません。

バファリンはアセトアミノフェンと呼ばれる小児でも比較的安心して飲める痛み止めではありますが、ロキソニンと比べると、痛みを抑える効果は弱くなります。

痛みが強いときは、痛いのを我慢せずに、薬局の薬剤師さんに相談して、痛み止めを服用するようにしましょう。

次に応急処置としてぜひともやってほしいのが「うがい」です。

親知らずの痛みのでる原因は、親知らず自身がむし歯になっている、もしくは親知らずの周囲の歯茎が腫れている場合がほとんどです。

特に、歯茎の下に親知らずが埋まっていて、痛みがでている場合は、親知らず周囲の歯茎が強い炎症を起こしています。

炎症はお口の中の細菌によって引き起こされます。

つまり殺菌してあげることで、炎症をある程度抑えられることができます。

そこでオススメなのが、「イソジン」ポピヨンヨードによるうがいです。

イソジンは薬局に売っていないことはないくらいメジャーなうがい薬です。

殺菌効果も高いのでおすすめです。

様々なマウスウォッシュが販売されていますが、ほとんどがアルコール系成分のため、腫れている歯茎に使うと、粘膜が痛くて使えないこともあります。

ですので親知らずがとにかく痛いときには、イソジンでうがいをするようにしましょう。

今回、ご紹介した応急処置はあくまでも応急処置です。

根本的な解決にはなりませんので、早めに歯科医院を受診して、適切な治療を受けてくださいね。

コメントは利用できません。