お知らせ・ブログ

こんにちは。京王八王子駅前歯科の酒井です。

 

歯が痛いと、夜も眠れないほどの辛いです。

「昨日は歯が痛くて眠れなくて大変だった」と頬をおさえて来院される患者さんも多いです。

そこで、歯の痛みで夜眠れないときの対処法についてご紹介します。

 

歯が痛いといっても、原因はむし歯だけでなく、歯周病が悪化して、歯茎の痛みで眠れないということもあります。

 

虫歯が原因で夜眠れない時

まずむし歯の場合ですが、むし歯には進行段階があります。

神経に近いむし歯、もしくは歯の神経に感染しつつあるむし歯の場合は、ズキンズキンとした痛みです。

このときは冷たいものが染みて痛みが強くでます。

このときは歯を磨くのも、冷たいものがしみて、できないという状況に陥っている方がとても多いです。

できるだけ早く歯医者さんでの治療が必要ですが、夜中に突然痛みで起きて、夜間あいている歯科医院がないというときは、薬局などでも売っている「解熱鎮痛剤」つまり「痛み止め」を服用しましょう。

今では歯科医院での歯痛によく処方されているロキソニンも、薬局で販売されているので、痛みを我慢せずに、ロキソニンなどの解熱鎮痛剤を服用しましょう。

痛み止めにアレルギーがあるという方がいらっしゃる場合もありますので、薬局にいって、薬剤師さんに自分も服用できる痛み止めを相談するのがいいでしょう。

 

歯周病が悪化して夜眠れない時

歯周病が悪化して、歯茎が膿んでしまって痛い場合です。

むし歯のときのズキンズキンとした痛みよりも、もっと重い、鈍い痛みが特徴です。

ズーンとした痛みであることが多いです。不快感で夜に眠れないという方も多いです。

また、歯茎に膿がたまってしまってパンパンになってかなり痛いというケースもあります。

まずおすすめしたいのが、市販の洗口液でのうがいです。特におすすめなのは「イソジン」です。

これは歯科医院でもよく使用される口の中にも使える消毒液です。

殺菌効果がありますので、歯茎の腫れを改善するのにおすすめです。

このときに、歯ブラシで磨くと、歯茎が腫れて磨けないという方も多いので、手で歯茎マッサージをするといいでしょう。

痛くない範囲で優しく歯茎を人差し指でマッサージしましょう。

最初にイソジンでうがいしてから歯茎マッサージをすると、歯茎にイソジンが浸透しやすなり、歯茎の腫れにより効果的に働きます。

歯肉マッサージがおわったら、最後にもう一度、イソジンでうがいをしましょう。

歯磨きができるのであれば、できる範囲でしっかりと歯磨きもしてください。

 

歯茎の痛みの場合も、ロキソニンなどの解熱鎮痛剤を服用すると、一時的にではありますが、痛みが楽になります。

最後に

いずれの方法も応急処置です。放置すればどんどん症状は悪化しますから、すぐに歯医者さんで適切な治療を受けましょう。

コメントは利用できません。