銀歯を白色の歯にしたい方へ

みなさんこんにちは、京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

歯を白くすることで得られるメリットがたくさんあることをご存知でしょうか。そんな銀歯を白色の歯にしたい方へぜひ知っておいてほしい情報をご紹介します。

銀歯を白色の歯にするメリットは実は見た目だけではありません。

銀歯、コンポジットレジンのデメリットとは

例えば、金属アレルギーです。銀歯をお口の中に装着した場合、徐々に唾液の中に金属イオンが流出してしまい、体内に吸収されてしまうおそれがあります。

今現在、金属アレルギーの方は銀歯を装着することができませんが、金属アレルギーは遅延型アレルギーに分類されるため、年数が経過して金属アレルギーを発症することがあります。銀歯を10年以上前に装着して、ここ最近、金属アレルギーがでるようになったという場合は、銀歯によって金属アレルギーが発症した可能性があります。

ですので、体のことを考えた点でも、銀歯よりも、白色の歯の方が大きなメリットがあるといえます。また、白色の歯の材料によりますが、自費材料になるセラミック材料は、金属や保険で白くできるコンポジットレジンと呼ばれる材料に比べて、非常に汚れがつきにくいという性質があります。

銀歯の場合、徐々に唾液などの影響を受けて酸化していきます。そのため表面がずっとツルツルの状態をキープすることができず、歯周病やむし歯の原因となるプラークがつきやすくなります。これはコンポジットレジンという材料も同じです。

コンポジットレジンという材料は、プラスチックの材料の一種のため、水を吸う性質があります。そのため、時間経過ともに色が変色してしまったり、臭いを吸収してしまいます。

セラミックのメリットとは

一方、セラミックは、色が白いだけでなく、表面はツルツルで、陶器の一種であるため、水を吸う心配もないので、材料のなかでは一番、汚れがつきにくいです。

このように銀歯を白くてきていな歯に変えるのは見た目がきれいになるだけでなく、全身の健康、お口の健康の面でも非常にメリットがあります。

白い歯にはいくつかの種類があります。

保険でできるコンポジットレジンという治療や、最近、保険適応となったCADCAM冠といったものがあります。CADCAM冠の場合は、医師による金属アレルギーの診断が必要な場合があるので詳しくは歯科医師に聞いてみてみましょう。

そして自由診療としてオールセラミック治療や、見た目は真っ白ですが、内面の一部に金属が使用されているメタルボンドといった治療があります。

それぞれ適応はむし歯や歯周病の状態によって異なりますので、銀歯をを白色の歯にしたい方はぜひ一度、検診を受けてご相談ください。

関連記事

  1. セラミックの耐久性について

  2. セレックシステムと技工士が作るセラミックの違い

  3. 院内で作るセラミック「セレック」とは