歯科助手さんはどんな仕事?

歯医者完全滅菌

みなさんこんにちは京王八王子駅前歯科の歯科医師酒井です。

今では通信教育で様々な資格が取得できるようになりましたが、そんな通信教育に歯科助手講座というのがあります。

女性芸能人の方でも、歯科助手経験者の方がいらっしゃったりしますが、歯科助手っていったいどんなお仕事なのでしょうか。

そこで今回はそんな歯科医院で働いている歯科助手のお仕事についてご紹介します。

歯科助手さんは歯科医師の診療の補助を行います。

歯科助手という職業は通信教育講座でよく見かけますが、どんな仕事なのでしょうか。

歯科助手さんは歯科医師の診療の補助を行います。また歯科医院受付を兼任している歯科医院も多いです。

歯科助手と歯科衛生士は異なります

歯科衛生士さんのお仕事についてはコチラ

歯科衛生士さんとよく混同されますが、歯科助手は資格がなくても働くことができます。

通信講座の資格はいわゆる民間資格であり、働く際に専門知識を事前に学ぶことができるメリットがあります。

ただし、歯科衛生士さんのような国家資格ではないため、歯科衛生士の仕事である予防処置や歯科保健指導は、歯科助手さんは行うことはできません。

歯科助手さんは働く歯科医院によって、多少、業務内容が異なったりしますが、ほとんどは歯科医師のサポートを行っています。

歯科医師が歯を削るときにバキュームという唾液や水を吸う機械を持って、診療がスムーズに行えるようにサポートしています。

また歯を詰めるときに使う材料を準備したりします。

また銀歯などをつける接着剤などを練ったりする業務も行ったりします。

また歯科助手の大切な役割として多くの歯科医院が任せているのが「滅菌」です。

歯科治療には毎回、たくさんの医療機器を使用します。

口の中を診察するミラーなどの道具は患者さんごとに毎回、滅菌したものを当然、使用しています。

そのため、治療道具を消毒、滅菌する役割を歯科助手さんが担っていることが多いです。

使った道具を消毒し、オートクレーブという専用機器を使って治療に使う器具を歯科助手さんが滅菌してくれています。

他にも歯科医院の衛生環境を清潔に保っていたり、陰ながら歯科医院を支えている大きな存在です。

歯科医や歯科衛生士さんは治療や、予防処置を専門で行っていますから、器具の片付けなどを毎回していては、患者さんの診療時間が少なくなってしまいます。

そうならないために、歯科医院が効率的に、そして患者さんが快適に診療を受けれるように歯科助手さんは歯科医院を陰ながらサポートしてくれています。

患者さん、そして歯科医師、歯科衛生士を支えるとても重要なやりがいのあるお仕事です。

資格がなくても、歯科医院のスタッフや先生が指導することで働くことができますので、

もし、歯科医院の仕事に興味があるのであればぜひ、一度、当院までお声掛けくださいね。

関連記事

  1. 医者の受付の仕事はどんな仕事?

  2. 歯科衛生士さんはどんな仕事?

  3. 歯科助手さんはどんな仕事?

  4. 歯科衛生士さんはどんな仕事?