歯科衛生士さんはどんな仕事?

こんにちは。歯科医師の酒井です。

歯医者さんにいくと、隣に看護師さんのような女性がいます。

この女性は国家資格を持った歯科衛生士さんです。

歯医者さんの仕事は歯を治療することだけど、歯科衛生士さんっていったいどんなことをしているの?と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで歯科医院には欠かせない歯科衛生士さんの職業について詳しく解説していきます。

歯科衛生士の仕事は、歯科衛生士法によって定められています。

歯科衛生士の仕事は

「歯科医師の診療を補助し,歯科疾患の予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導を業務とする」と定められています。

わかりやすく説明すると、歯科衛生士さんの仕事は予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つです。それぞれ一つずつどんな業務内容なのかみていきましょう。

1.予防処置

歯科衛生士さんは国家資格を取得しているため、歯科医師の指示のもと、虫歯や歯周病予防の処置を行うことができます。
虫歯予防であれば歯にフッ素を塗ったり、生えたての歯が虫歯にならないように、歯の溝を埋めるシーラントと呼ばれる予防処置を行うことができます。
また、歯周病予防であれば、歯石とりも歯科衛生士は行うことができます。
特にこの予防処置は、国家資格を持つからこそできることであり、資格がない歯科助手は行うことはできません。

2.歯科診療補助

歯医者さんが歯を削っているときに道具を準備したり、ツバや水を吸うバキュームで歯科治療のサポートを歯科衛生士さんは行っています。
歯科医師の治療がスムーズに行われるために、サポートする役割も歯科衛生士さんの大切な役割です。

3.歯科保健指導

この歯科保健指導も歯科衛生士さんでないとできない仕事です。
虫歯や歯周病になる原因として歯ブラシがうまくできていないことが挙げられます。
どうすれば虫歯予防に適した磨き方ができるのか、歯周病を予防できるのか、患者さん一人一人にあった指導を歯科衛生士さんたちはしてくれます。
正しい磨き方を指導したり、食生活で虫歯や歯周病で気をつけておかなければいけないことを教えてくれます。
歯科衛生士専門学校で学んできたからこそ、この歯科保健指導を行うことができます。

歯科医院で歯科衛生士さんは欠かせない存在

このように歯科医院では欠かせない存在が歯科衛生士さんです。
歯科衛生士さんは専門学校に3年通って、国家試験に合格して初めてなることができる職業です。
患者さんに寄り添ったとても魅力的な仕事です。
将来の進路を考えているなら一度、歯科衛生士さんの専門学校のオープンキャンパスに行ってみてくださいね。

京王八王子駅前歯科では、歯科衛生士さんの募集もしていますので、お気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 歯医者完全滅菌

    歯科助手さんはどんな仕事?