お知らせ・ブログ

皆さんこんにちは。

今日は、虫歯が進行すると蓄膿症になるお話をしたいと思います。

蓄膿症とは

鼻の後ろ側に上顎洞と言う空間があるのですが、そこに炎症が起き、膿がたまる症状です。

ちなみに蓄膿症は、古くから使用されている俗称で、歯科業界での正式名称は「歯性上顎洞炎」と言います。

蓄膿症は耳鼻科じゃないの?

蓄膿症と聞くと鼻炎などが悪化してなるイメージが一般的だと思います。

蓄膿症は、鼻が原因の場合と歯が原因のものと二種類あるんです。

耳鼻科では、副鼻腔炎といい、歯科では歯性上顎洞炎と言うのですが、どちらも呼び名が違うだけで症状としては同じです。

どちらにしても原因を取り除く事が必要なので、鼻が原因なら耳鼻科へ、歯が原因なら歯医者で治療を受けてください。

歯性上顎洞炎は上の奥歯の虫歯から起こる

虫歯の進行

歯が原因の蓄膿症のほとんどが、奥歯の虫歯や歯周病を放置した事により起こります。

虫歯や歯周病を放置したことで上アゴから副鼻腔に細菌が繁殖して膿がたまっていきます。

下のアゴには副鼻腔との繋がりがないので、下の歯が原因で歯性副鼻腔炎になることはありません。

歯性副鼻腔炎の症状について

歯性副鼻腔炎の症状は、鼻づまり・粘り気のある鼻水が出る・頬の痛み・頭痛・鼻から異臭がする・物を嚙むと痛みが走るなど・・・

炎症を起こした患部を中心に炎症が起き症状が起こります。

インプラントが原因の歯性上顎洞炎もある

インプラントを作る際に、骨の厚みが足りない事があるのですが、上顎の場合は上顎洞と骨の間に人口の骨を入れて骨の厚みを足します。

この外科手術の際に上顎洞の粘膜に傷がつき、そこから細菌が繁殖し歯性上顎洞炎になることがあります。

これは、他院でインプラント手術を受けて失敗した話を同業仲間から聞いた事があります。

インプラント手術は、やはり経験値が低いとこういうことが起こるので、歯科医師選びも慎重にならなければいけませんね。

今は、安売りを売りにする所が増えましたが、手術をする歯科医師・使用するインプラント素材も注意してみなくてはいけません。

歯性副鼻腔炎の治療方法

歯性副鼻腔炎の治療は、主に歯の根の治療を行い、歯の根の先にある膿を抑えます。

必要に応じて抗生剤の服用もして頂きます。

痛みが強い場合は、痛み止めの薬も処方します。

時には、抜歯をすることで改善することもあります。

重症化すると大変なことになる歯性副鼻腔炎

脅かすつもりではないのですが、歯性副鼻腔炎は重症化すると救急車で運ばれて病院で手術と言う事例もあります。

あまりにひどい症状になると、原因となる歯を抜き、
上顎洞に穴を空けて膿を取り出し、洗浄する手術が必要になるのです。

一応、豆知識ですが、

歯性上顎洞炎の手術は、難しい手術ではないため、失敗する等といったことは聞いたことがありません。

しかし、全身麻酔を使用し、術後は1週間程度の入院が必要となります。

そうならないためにも異変に気づいたら、早めの診察をしてこうならないようにしましょう。

関連記事

虫歯治療ごの食事で知っておくべき注意点

歯の神経を抜くことで起こるデメリットとは

歯を削る・歯を削らないはあなた次第

虫歯は完全には無くならない?

コメントは利用できません。