審美歯科

当院の審美歯科

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。

大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。

つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。

当院では最先端の審美歯科技術により

  • 歯を白くしたい
  • 歯の大きさを整えたい
  • 歯並びをキレイにしたい
  • 治療済みの歯を自然の歯に見せたい
  • 治療の銀歯を白くしたい

などのご要望にお応えしております。

当院が審美歯科をお勧めする方

以下のお悩みや症状のある方にセラミックなどを使った当院の審美歯科治療をお勧めいたします。

  • 審美歯科をお勧めする方
  • 金属アレルギーでお悩みの方
  • 笑ったときに銀の詰め物が気になる方
  • 出っ歯など短期間で歯並びを整えたい方
  • 歯茎の縁の黒ずみが気になる方
  • 治療済みの歯が不自然で気になる方
  • 歯の形を希望通りにしたい方

など。

当院で使う審美歯科材料

オールセラミック

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。

現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるオールセラミック(ジルコニア)を使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

【オールセラミックのメリット・デメリット】

◆メリット

  • 身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません。セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。※オールセラミックの場合、金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。
  • 自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます
    光の透過性に優れたオールセラミックは、治療した歯の透明感のある美しさを実現できます。 将来的にも、金属の溶出による歯茎に変色などの心配がございません。 特に見た目の気になる前歯の治療に適しております。
    ※オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。
  • 人体への安全性の高い素材です
    人体に対する安全性(生体親和性)もセラミックの特徴で、整形外科領域では人工関節の材料として活用されています。
  • プラークが付きにくい
    表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。

◆デメリット

・保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる

・1回の治療時間が長くかかる場合がある

メタルセラミック(メタルボンド)

メタルセラミックとは、被せ物や差し歯の全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療のことです。

すべてセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちするので、奥歯などの強度が求められる部分にはメタルボンドが適しています。 つまり金属の耐久性の高さとセラミックの審美性、耐久性を兼ね備えた審美歯科治療といえます。

【メタルボンドのメリット・デメリット】

◆メリット

  • 自然の歯に近い美しさが得られます
  • プラークが付きにくい
    表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。
  • 保険適用の素材と比較して、強度が高い

◆デメリット

  • 保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる
  • 1回の治療時間が長くかかる場合がある
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • オールセラミックに比べた場合、審美性がやや劣る

 

歯が気になる方へ朗報です(ラミネートベニア法)

歯の表面をわずか0.5ミリほど削り(削らない場合もございます)、オーダーメイドによるセラミックで出来たシェル(いわば付け爪のようなものをイメージしてください)を特殊な接着剤で歯に強力に貼り付ける治療法です。

主にホワイトニングでは歯が白くならない場合や隙っ歯を改善したり、歯の形を部分的に整えるのに最適です。

また、素材のセラミックは磨耗や変色の心配がありませんので、半永久的なホワイトニングとも言われています。

 

©  All Rights Reserved.
PAGE TOP