お知らせ・ブログ

事故で前歯が折れた、歯周病で前歯を抜かなければならなくなった・・・など

前歯は、奥歯とは違い見栄え(審美性)が重要です。

皆さんは、セラミックという素材をご存知でしょうか。

今回は、前歯の治療でセラミック素材が選ばれる理由についてご説明したいと思います。

セラミックとは

セラミックは、陶器の素材で作られ耐久性・審美性が高いので多くの方に支持されています。

セラミックは経年劣化が少ない

保険適用のプラスティックなどの素材は、着色や経年劣化が著しく目立ちます。

それに比べセラミックは、材質的に経年劣化を起こさないため、キチンとメンテナンスをすれば長期間自分の歯と同じ様な状態を保つことができます。

セラミックは、自然な仕上がり

セラミックの特徴として、本物の歯と区別がつかない質感や透明感があります。

実際に治療する際は、自分の歯と色を合わせることができるためほとんど見分けがつきません。

セラミックは、虫歯になりづらい

虫歯になるのは歯と歯の境目からです。
境目がいかにぴったりとしているかがポイントです。
セラミックの歯は、型採りの材料から陶器の素材の特徴まで非常に精度に優れたものになります。
そのため虫歯になりづらいのです。

セラミックの歯は、汚れが付きづらい

セラミックは汚れがつきにくい材料です。
仕上げられたセラミックは磨きあげられ、プラーク(歯垢)や着色をつきにくくしてくれます。
口の中で使用される材料では、プラスチック>金属>セラミックといった順番でセラミックが最も汚れが付きづらくなっています。

セラミックは、金属アレルギーの方にも安心

セラミックは、金属物質を使用していないので、金属アレルギーでお悩みの方でも安心してお付けできます。

また、今は金属アレルギーではないという人でも、口の中に常に金属があるとその金属の成分が少しずつ溶け出して体に蓄積していってしまい、金属アレルギーになる可能性もあります。

セラミックは、歯茎を黒くしない

金属は時間とともに成分が少しずつ溶け出していきます。
そうすると金属が歯や歯茎に浸透し黒くなってしまうのです。
保険の差し歯や金属の土台(メタルコア)を使用した場合などが、それに該当します。
金属で黒くなった色は自然に戻ることはなく、歯を削ったり歯茎を切ったりしないと改善できません。
セラミックは、金属素材が入っていないので、歯茎が黒くなったりすることはありません。

まとめ

セラミックの素材を使った差し歯や被せ物は、費用は張りますが、確実に皆様の体に安心安全です。

かつ、審美性も高く、長持ちもしますので本当にお勧めします。

セラミック治療をご検討の方は、お気軽にご相談頂ければと思います。

コメントは利用できません。