お知らせ・ブログ

前回埋もれている歯を抜くリスクを、話しましたが、そのリスクを少しでも無くす方法があります。

 

(前回のお話はコチラ)

 

二回法というやり方です。

二回法は、二回に分けて埋もれてる歯を抜く方法です。

では、二回法の説明をします。

  1. まず1回目に歯の頭部を削り、頭の部分だけ抜歯します。すると、取った部分だけスペースが出来ます。
  2. 3〜6ヶ月待ちます。その間に出来たスペース分歯が、動きます。
  3. 残りの歯を抜きます。以上。

スペースを作って歯を動かす事により、下顎にある太い神経から歯を遠ざける事が出来ます。

遠ざければ、麻痺のリスクがかなり下がりますね。

どれだけ下がるかというと、愛知学院の歯科大学のデータでは、1/10位下がっています。これは、凄い事ですね。

仮に前が90%であれば9%に変わったという事です。

コメントは利用できません。