お知らせ・ブログ

ご家族全員が当院にお越しになるのは、よくある話です。

実は、家族全員が同じ歯医者に通うことは、多くのメリットをもたらすことをご存知でしょうか。

今回は、家族全員が同じ歯医者に通うメリットについてご紹介したいと思います。

家族の口内環境は似ている

家族で口内環境は似ている

口内環境は、生活習慣に大きく左右されるので、同じ生活環境である家族では似たような状態になりやすいです。

また、唾液の量の多い少ないには遺伝が多少関係するため、虫歯のなりやすさも家族で共通する1つの要因になります。

唾液が少ないと口内環境を整えにくく、虫歯になりやすい環境が出来てしまいます。

歯科医師は、患者さんの事を理解すればするほどより良い治療が提供できます。

つまり、近しい口内環境である家族の誰かが新規で歯医者に通うことになった時、全くのご新規さんよりもより高いパフォーマンスを発揮することができるのです。

家族の間での感染を予防できる

家族で歯周病予防

虫歯や歯周病は、感染する病気です。

例えば、食器を共有したり、キスや口移しなどで感染します。

家族のうちの誰かが治療を終えていても、治療していない誰かがいる事で再発・感染が起こってしまうのです。

特に3歳までのお子さんは、感染しやすく注意が必要です。

この時期は、ご家族全員が虫歯や歯周病をゼロにすることを心掛けたり、感染する可能性のある行為を避ける必要があります。

家族全員が共通の認識をもって、歯医者に通うことで上記のような状況を予防することができるのです。

家族間で歯科治療の意識が高まる

家族で同じ歯医者で歯科治療

別々の歯医者で治療するよりも、同じ歯医者で治療することで家族間での治療・予防意識が高まると、既存患者さんの声をよく頂きます。

家族が一人でも歯周病にかかってしまった場合、家族単位で治療を行わなければなりません。

家族全員が歯磨きをしっかり行う、歯石の除去を定期的に行うなど、基本のプラークコントロールは欠かさないなど、一人だけでなく家族全員での歯科医院への通院を意識することで健康的な生活を送ることができるのです。

コメントは利用できません。