お知らせ・ブログ

良く患者さんに聞かれる事なのですが、虫歯治療後にどの位で食事をとってよいのかについてお話ししたいと思います。

治療前に軽食を取るなどして頂ければベストなのですが、歯医者の予約の後にうっかり食事の約束を入れていた。治療前に食べられなくて治療後にお腹が空いて我慢ができないなど・・・色々なご事情がおありだと思います。

とは言え、治療後はルールを守っていただけないと、治療回数が増えてしまい、時間も費用も無駄になってしまうので、これだけは押さえておいてください。

1.治療後の食事のタイミングについて

麻酔をした後の食事は、虫歯治療の場合は、2~3時間くらいを目安に。親しらずを抜いた後の場合は、3~6時間程度をお勧めしています。

麻酔をしない治療の後は、被せものや詰め物をしている方は固まるまでに30分程度は控えるようにしてください。

2.治療後に食事を控えなくてはいけない理由

①唇をあやまって噛んでしまう

麻酔が利いている状態では、麻酔周辺の筋肉が思うように動かせなくなるので、うっかりと噛んでしまいます。

②火傷をしても気づかない

麻酔が利いている間は、熱さに対しての感覚もなくなっているため、火傷をする危険があります。

③口から飲食物がこぼれてしまう

口が思うように動かないため、口の端から飲食物がこぼれてしまう可能性があります。

④詰め物をしている箇所が染みる事がある

虫歯治療をして銀歯を被せたばかりの時は、神経が過敏になっているため冷たいものが伝わりやすくなります。

⑤詰め物が取れてしまう

虫歯治療の場合、被せものや銀歯を装着したらそれが固まるまでに30分程度かかります。固まる前に食事をとってしまうと、被せものや銀歯が取れてしまう可能性があります。

3.治療後にどうしても何かを食べたい方へ

どうしても食事をとりたい方は、治療した歯の反対側で噛むようにしてください。

固くなく、粘着性の少なく、柔らかくて食べやすいものを選ぶようにしてください。

一気に口に入れるのではなく、少しずつ食べるようにしてください。

4.仮の歯や仮の被せ物をしている時の食事について

治療で歯を削った後、被せものをしたり詰め物をしたりします。最終的な被せ物や詰め物が出来上がるまでは、仮のもので対応しています。仮の歯や詰め物は、強度が高くないため、食事には注意が必要です。

例えば、せんべいなどの固いものや、キャラメルやガムやチューイングキャンディなど、歯にくっつきやすいものは避けるようにしてください。

5.おわりに

歯の治療の後の食事は、思わぬケガをしてしまう可能性があるので注意が必要です。色々ご事情もあるでしょうが、治療後に私達歯科医師の指示に従っていただくことで、今後の食事がもっと楽しいものになると思います。

注意事項を忘れずに虫歯治療後の食事をとるようにしてくださいね。

コメントは利用できません。