お知らせ・ブログ

親知らずの抜くor抜かない基準は、皆さんご存知ですか?

1 正しく咬んでいるか        

歯はかむ為にありますから、きちんと咬んでない歯は咬合に関与しないので、存在意義自体がなくなってくるんですね。

2 歯磨きが出来ているか

歯磨きはお口を健康に保つ為に、必要なものです。 歯磨きが上手く出来ないと細菌が増え、歯や歯ぐきに感染します。 親知らずだけでなく、周りの歯にも感染します。 

3 歯並びに影響しているか

最近皆さんの顎が段々細くなっている事は、ご存知ですか?    ただでさえ狭い所に親知らずが生えてきたりすると前にある歯の並びが悪くなります。  残念ながら、 一度悪くなると、親知らずを抜いても元には戻らないんです。

4 腫れたりした事があるか

一度腫れるという事は、細菌がそこまで侵入してきたのです。   一度通り道が出来ると細菌が、通りやすくなります。 つまり、また腫れたりし易くなるという事です。   

以上になります。

ただ親知らずの場合、近くに大きな神経があったりして、抜いた後痺れが出る時があります。    ただ親知らずを抜かなくても細菌感染がひどくなると痺れが出ることもあります。

大事な事は、ご自身だけで判断するのではなく、信頼出来る歯医者に相談する事です。    遠慮なく、どんどん相談して下さいね。

コメントは利用できません。